28 May 2024
In The News

Unite.AI: サプライチェーンにおける生成 AI の役割

これは 2023年8月25日付の Unite.AI に掲載された Blue Yonder の最高製品責任者である Gurdip Singh による機構記事の抜粋です。記事全文を読むには、Unite.AI (英文)にアクセスしてください。 2020年にサプライチェーンの遮断が役員会の議題として頻繁に取り上げられるようになったように、2023年には生成 AI が注目のトピックとなりました。結果、OpenAI の ChatGPT は最初の2か月でユーザ数が1億に達し、歴史上最速で成長したコンシューマアプリケーションの導入事例となったのです。 サプライチェーンは、生成 AI を活用するのにある程度は適しています。大量のデータを基に機能し、大量のデータを生成するからです。多様なデータが大量にあり、データのタイプもさまざまであるために「サプライチェーンのパフォーマンスをいかに最適化するか」という極めて複雑な現実世界の問題がさらに複雑になります。また、サプライチェーンにおける生成 AI のユースケースは、自動化の強化、需要予測、注文処理と追跡、機械の予防保守、リスク管理、サプライヤー管理など非常に広範ですが、その多くは予測 AI にも該当するものであり、これはすでに大規模に採用・導入が進んでいます。 この記事では、サプライチェーンにおける生成 AI に特に適しているユースケースをいくつか紹介し、サプライチェーンのリーダーが投資を行う前に考慮すべき注意点をいくつか提示しています。

In The News

Journal of Supply Chain Management, Logistics and Procurement: How Bayer Crop Science Grows Logistics Excellence Via Digitalisation

This contributed story by Terence Leung, Senior Marketing Director with Blue Yonder, and Johnny Ivanyi, Supply Chain Director and Global Head of Distribution Excellence, Bayer Crop Science, originally appeared in Journal of Supply Chain Management, Logistics and Procurement, Volume 5 Number 3, published April 2023. Excerpts…